きらきらと備忘録

感想メモとひとりごと

駄文

木曜日、夜風と二人のストーリー

自動車で通勤をしている。日が暮れるのが早くなり、だいぶ涼しくなったこの頃は運転席の窓を少し開けておくのが心地良くて好きだ。開けた窓から弱く入ってくる風で、だいぶ伸びてきた髪が背中で揺れたのを感じる。しばらく(私の中では)短い髪で過ごしてきて…